FC2ブログ

喜びの種まき

お客様とのふれ合い活動 地域に密着した情報

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史を感じる家

2008-02-28-Thu-14:09
いつもお世話になっている建築会社から見積もり依頼の電話を頂き
現場を見に行きました。

その現場は藤崎のバスセンターのロッテリア隣の白壁の
蔵のような凄い大きい家です。

390083.jpg


この一画は交差点が広くなる為に、建物の移動や建物を壊したりして
道を確保するための工事があってました。

この家は、そのままの状態で家をまるごと動かしていたのを通るたびに
見て凄いことをするなと思ってました。

まさか、その家のお掃除に携わる事になるとはビックリです。

鍵を預かり、中に入ってまたまたビックリです。

昔の商売をしてあった当時の看板などそのまま掛けてあり時代の流れ、
歴史を感じる部屋の状態でした。

このような由緒ある家のお掃除することで、又、話のタネが増えそうです。

スポンサーサイト

彩花新聞9号

2008-02-27-Wed-13:59

梅の花も咲きほころび、日に日に春の訪れを感じる季節になりました。

今年はsマンションや建築申請の遅れの為に、1・2月が忙しくあっと すぎてしまいました。

売上の方も目標達成しました・・・。

この勢いで3月は春の「引越し」シーズンに入りまた忙しくなります。

学生さんの入退去で室内清掃一式の仕事が山のように入って来るのです。

しかし、スタッフの皆さんは明るく前向きに積極的な気持ちでこなしてくれてます。

このことを通じて、達成感を味わい、またまた人間成長が楽しみです。

彩花新聞の9号が出来上がりましたので紹介します。

今回のお客様紹介は糸島志摩町芥屋にある自然と海に囲まれた民宿・・・
「磯の屋」さんです。

スタッフ紹介はお客様受けの良い平田課長などなどを掲載してます。

それぞれの担当が清掃後に届けますので楽しみにして置いて下さい。

390091.jpg

 






にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

本物の仕事をしてますか?

2008-02-26-Tue-15:23
知人から口コミで美味しい「うどん屋さん」があるとのことで食べに行きました。

お客様が多いと聞いていたので昼食の時間をちょっとずらして2時くらいに行きました。

しかし、この時間でも並んで待っているのです・・・。

並んでまでもと思いましたが、折角来ているので話のタネと思い30分待ちました。

席について注文して→うどんが来るまでの時間がかなりかかって遅いのですが、
お客様は一言も文句を言わないのです。

ゴボウ天うどんを注文しました、麺がしっかりして美味しく・スープは上品で
あきない味です。

それに
ゴボウが器からはみ出していっぱい入っているのです

390074.jpg


これだったら待って食べても、納得する気持ちがわかりました・・・。

このようにお客様から指示される味であれば、お店の動きに合わせて待って
くれるのだなと思いました。

その態度(おごり)はなく、美味しいものを提供しようと言う一所縣命の気持ちの
姿を感じました。

このことは、どの仕事でも同じことなのです。

本当のものを売っていれば、自身を持ってこちらの気持ちをお客様に伝えることが
出来るのです。

聞く耳を持とう

2008-02-25-Mon-15:20
よりよい人間関係を築くためのコミュニケーション。

その第一歩は、まず話すことからはじまるといってよいでしょう

そのためには、話し方に関する研修を受けた書物などを読んだりする
という努力も必要です。

しかし話すことと同じように、あるいはそれ以上に大切なことは、
「聞く」ということなのです。

よく話す人はいても、よく聞く人は案外少ないのです。

雄弁家が必ずしも人の心を捉え、人を説得するとは限りません。

寡黙寡言でも人の心を捉え、説得力を持つ人は少なくないのです。

それは、「よく聞く」ことで短くても相手の心に届く内容を話すことが
できるからだといえます。

近頃は、自己主張ばっかり上手な人たちが多くなってきました。

しかし、それではコミュニケーションは成り立ちません。

人の話を心をこめて聞くことがいかに難しいか、そしていかに大切なことであるか知り、
家庭でも会社でも機会を捉えて、相手の話を「よく聞き」習慣を身につけてたいものです。
080225_2027~01

チームワークの大事さ

2008-02-24-Sun-15:15
本日は日曜日ですが、大口の定期清掃が入っているため、
Sマンションの人手が足りません。

Sマンションが予想していた以上に時間がかかり検査予定日に間に
合わないみたいです。

担当責任者が困っているようなので、事務所部隊の事務員さんと自分が
応援に入りました(自分は昼からですが)。

今日は、今年1番の寒波で雪のチラつく中、北西の季節風を受けながらの
作業になりました。

それも今日は外での作業です(泣)

自分の今日の服装はちなみに、下は靴下2枚とタイツとジャージと
作業ズボン上はシャツとトレーナー3枚ジャンバー2枚です。

390071.jpg

顔にはマフラーを巻き頭にはヘルメットです・・

これだけの防寒装備をしていたら寒くなく気合が入って、スムーズに進みました。

担当責任者の顔も前日の雰囲気から一転して喜んだ顔になり応援に来て
よかったです。


困った時こそ、仕事はチームワークで乗り切るのが一番と
チームワークの大事さをつくづく感じた1日でした。

判断と決断

2008-02-23-Sat-15:14
390072.jpg

去年、建築法の改正で認可が遅れている物件が、ここに来て重なり、
次々に建ち上がってきているのでとても忙しい日々が続いてます。

引き続き、Sマンションですが人の手配は7名になっていました。

しかし、現場責任者から応援に来てくれませんかということで15時位に
飛んで行きました。

作業が、計算した時間よりオーバーして検査日に間に合わない状態に
慌ててました。

他の現場からも終って応援に来ていて14名になってました。

他の業者のかねあいや色々ことが重なり、計画している予定とかなり
食い違って来ているようです。

責任者も疲れとあせりで緊張して、的確な判断ができない状態に
なってきているのかもしれません。

経営者として、現場を把握し、動きを整理してやらないといけません。

全体の動きが統一できず、バラバラの動きになり失敗やクレームに
なることがないように指示して行こうと思います。

力が一つになる時・・

2008-02-22-Fri-15:04
Sマンションの美装も終わりに近づきました。

本日で77戸の部屋内の清掃が一応終わりました。

これもひとえにスタッフ全員の頑張りと他の業者の応援があったからです・・・。

しかし、まだ、これからが大変です、色々と細かいところの手直しや全室の
ワックス塗布が残ってます。

確かにこの仕事での利益は少ないと思いますが、このことで従業員の力が
1つになり何かが生まれてます。


お金を頂いて勉強をさせて貰い、それで信頼を得る
そう思えば最高の気分になれるし、明日の彩花の未来に喜びを感じます。
あと残りを全員で力を合わせてこの初めての仕事を仕上げましょう!

きっと最高の思い出になると思います。

※彩花の車6台全車集合です・・・。
390070.jpg


■責任者はあなたより1段高い位置から、仕事全体、現場全体を見ている。

そして、あなたに仕事を指示している。

したがって、責任者の指示や命令が、ときに理解できなくとも、
素直に従うことが大切である。

それが仕事力を伸ばすことになる、今はわからなくても、いずれわかるときが
来る思って、とにかく一所懸命にやることです。

素直に責任者の期待に応えることで、褒められる機会も増えるはずです。

そして、必ず仕事が面白くなって行く。

責任者があなたの仕事を、少しずつ重要なものにしていってくれるからです。

自分に足りないものを考える

2008-02-21-Thu-14:59
目の前の仕事に全力投球することが、自分の成長につながるのです。

しかし、その日その日の仕事だけを考えればよい、というものではない。

日々の仕事に集中するとともに、他方ではときどき自分の仕事を少し距離を
置いて眺めることが必要
である。

例えば、職場の先輩と自分の能力を比較してみるのである。

そうすると、
「あの先輩がしている仕事が出来るようになるまでには、自分には何が足りないか」
が、きっと見えてくるはずです。

また、
「会社の方針通に目標を達成するためには、自分で何ができなければならないか」
を毎日の節目ごとに考えることも大切です。

そして、
「この1年間で、これをできるようにしよう」
という自分なりの目標を抱いて、仕事をするのです。

忘れないために、目標は必ず紙に書き、スケジュール帳など良く見えるに張っておく。

忙しい毎日を送っていると、自分がいまやっている仕事しか見えなくなる。
それには甘んじてはいけません。
390065.jpg

人の話に耳を傾ける

2008-02-20-Wed-13:58
390063.gif

Sマンションの最後の追い込みに入りました。

朝、今週の予定に目を通すと、長男が2日の連休を取ってます。

一番忙しいこの時期に、他の会社の方に応援まで頼んでいる状態なのに
息子として何も考えてないことに腹が立ちました

又、休むことを自分に報告がなく知りませんでした。

それも、知らないのは自分だけなのです…

予定表には前から記入していたとのことですが、見ていない自分も悪いが
報告がないことに寂しい思いがしました。

すぐ、本人に電話しました・・・「なんで言わなかった」というと
「旅行は予約していて言ったら怒られるので言えなかった」
との返答です。

とにかく、自分の気持ちが納まらないのと、この時期に休む責任感のなさに、
腹がたち、とにかく旅行をやめるように言いました。

自分のこの性格を知っているから伝えることができなかったのでしょう。

とにかく、2日全休するのでなく明日昼から現場に入ることで話がつきました。

本人も悪いと思っていたみたいで、話を聞く受け入れ体制が自分にないのが
悪いのです。

この件で相手の話に耳を傾けるようにならない
といけないと反省しました。


彼は、休みの二日目は、旅行を途中で切り上げ、昼から現場に入ってくれました。

他の人が現場を引き上げた後も
「みんなに悪いから」
と言って遅くまでやってました。



■子供は親そのままである。

顔形から、身ぶりから、言葉の言いぶりから、癖に到るまで・・・・。

どんな上手な彫刻家も、これほどうまく似通った肖像を製作することは出来ない
・・・・・と思われるほどよく似ている。

ここまではだれでも知っている。

けれども、親子はまだまだ思いも及ばぬところまで、同じであることには気がつかぬ。

生れて間もない子供でも、母親が忙しい時には心が落ちつかず。

両親に心配事があるとよく眠らぬ。

大きくなるにつれて、両親がその年頃にした通りの事を繰り返す。

又今している事を行い、心に思っている事でさえ、そのまま親の身代りに実演する。

叱られた時

2008-02-19-Tue-14:51
人間は失敗しないにこしたことははありません。

しかしミスして伸びる人とそうでない人がいます。

実は叱られた時こそ成長のチャンスなのですが、誰も、嫌な思いをしてまで
相手を成長させようと思ってくれません。

反対に、自分の未熟さをきちんと認識し、指摘してもらえたことを向上の糧として
いそいそと働く姿勢を見せる人には、周りも喜んで応援します。

そのためには・・・

①言い訳などせず、最後まで聞く。

②聞き終わったら、お詫びとお礼を述べる。

③指摘されたことをちゃんと直したら、いかにスムーズに仕事が運んだか
明確にイメージする。

復唱と確認を積極的に行う。

⑤改善・向上するまで継続する


の5つの基本姿勢が大切です。

特に③のイメージは、努めて思い描くようにしましょう。

何度も同じ注意をされる人は、イメージの描き方が甘いのです。

叱られ上手な人は常に元気。

いつまでも向上心を持ち続けたいです。
080218_1701~01

花の力

2008-02-18-Mon-14:47
自社が日常清掃のスタッフを派遣しているS整形外科を訪問しました。

390059.jpg

その時、医院の玄関先の花壇に事務所のMさんと受付の方が花壇を
整理して花を植えてました。

丁度、訪問時にプレゼントするお花(ジュリアン)を持っていたので、
2株さしあげるととても喜んで頂きその花も一緒に植えてくれました。

しかし、以前は花壇にお花を植える雰囲気の病院ではなかったように感じます。

ところが、清掃後に鉢植えの花を届けていたら、何か、雰囲気が変わってきたのは
気のせいでしょうか?

花壇を作り、季節のお花を植え、道を通る人の心を和ませているようです。

医院の皆さんの雰囲気が知らず知らずに変わり、そのことが色んな面に
現れるようになったのではないかと思います。

勿論、患者さんも増えて、みんなが楽しく働ける職場のようです。

院内は最近、明るい声と笑顔が飛びまいています。

たった1鉢の花からと思うのは変かもしれませんが…
ここまでの力になるとはビックリしました。

価値観の違い

2008-02-17-Sun-14:41
他人の価値観自分の価値観がずれていることがよくあります・・・。

そのことに対して自分の考えが間違ってないと思い、よく説得して相手を納得させたり、
論破したりしてました。

そのことに対してある会社の社長さんからそれぞれ人間には「価値観に優劣」
があってあたり前であることを教わりました。

確かに自分には何でもないことが、ある人にはストレスになることがあり、
逆に自分にはつまらないことが他人には楽しい こともあります。

そこで、自分の考えが違っているのに気づかされました。

それ以来、相手の話をよく聞いて
相手の価値観を借りてみるようにしました。

自分では絶対にしないことも、相手の価値観で動いてみるのです。

すると、これまで無駄だと感じていたことに意味を見出したり
自分には考えつかなかったアイデアや仕事の方法など見えてきました。

今では自分の価値観と他人の価値観を尊重しながら、柔軟に物事を進めることが
できるようになりました。

390054.jpg

※今週の日曜日は2時間歩きました・・・姫島の横に沈むサンセットを添付します。

全力でやるから成長できる

2008-02-16-Sat-14:37
どんな仕事にでも全力投球すれば、それだけ仕事のコツや醍醐味が深くわかる。

あなたが会社で成長するのに必要なのは、全力で仕事をやり抜くことだけである。

目の前の仕事に全力で取り込むことで、思考力行動力は鍛えられていく。

社長も先輩も、そうして成長していったのである。

反対に、一所懸命にならず、表面的にしか仕事をしていないと、
いつまでもコツはつかめないし、醍醐味もわかららないのである。

手抜きやさぼりといった楽な道は、決して選んではいけない。

自分に厳しくなることだ。

地道に全力投球を続けていくうちに、あなたはある日、これまでできなかったことが
楽々とできるようになっていることに気づいて、びっくりするだろう。

それが「仕事力がついた」ことであり、あなたの成長の証なのです。

390031.jpg

■現在、進行中のマンションの美装も最後の追い込みに入りました。

スタッフのみんなの顔も、引き締まり仕上げに向かって集中してます。

残りを全力投球して、良い仕事を残しましょう!

あ・い・さ・つ

2008-02-14-Thu-14:32
会社の近くに小学校があります。

地域の有志の方達が毎朝、小学校の周りの数か所に立ち、登校してくる
子供たちの交通安全を祈り「挨拶運動」をやってあります。

390056.jpg

参加してある方が話をしてくれました。

入学した当時は、こちらが挨拶しても、はにかんで、黙ったまま通りすぎてしまう子が
ほとんどとのことです。

しかし、1週間もすると、多くの子どもたちが挨拶を返してくれるようになるそうです

中には「おじさん、おばさん、おはようございます」と、自分から挨拶する子も
出てきたとの事です。

挨拶は、人間関係の基本と言われています。

人間関係のよい人は、普段から挨拶を交わしているのです。

自分は友達がいない。

「1人ぼっち」という人は、勇気をだしてまず自分から挨拶する習慣を始めましょう。
きっと、よい人間関係が築かれていくはずです。

挨拶の基本は、
「(あ)たたかい気持ちで、(い)つも、自分から(さ)きに、(つ)づけること」

頭文字をつなぐと「あ・い・さ・つ」となります。

さて、今日は何人に挨拶できたでしょうか・・・?

自社のお客様紹介・・・磯の屋

2008-02-13-Wed-14:27
390046.jpg

このお客様は福岡県の一番西にあってサンセットが最高で、
天気の良い時は呼子・壱岐がみえる位置にある民宿
です。

食事をしながら、ガラス三面越しに玄海灘の眺望を満喫することが出来る
部屋がいくつもあります。

料理は、玄海灘で獲れたイカ・伊勢えび・ヒラメなど、とても福岡市内で
食べられない新鮮なものが出てきます。

その新鮮な魚は社長自らが選んで自らで、調理し腕を振い、お客様に
出してますので味には間違いありません。

福岡市内から車で1時間程の距離にある最高の場所です。

一度行ったら又行きたくなり友達に紹介したくなる一押しのお店と思います。

※彩花さんの紹介で来ましたと言うと安くなるかも知れません・・・。


住所 / 福岡県糸島郡志摩町大字芥屋

電話 / 092-328-2056

働きやすい職場

2008-02-12-Tue-14:48
昨年、10月からハローワークの紹介で63歳のAさん(男性)に
働いて貰ってます。

年齢からこの仕事は大丈夫かなと思いましたが、
「体力には自信あるから」という事で採用しました。

4ヶ月経ちましたが、若いスタッフと同じように仕事をこなして、
責任持ってやってくれてます。

少しの間、辞めると言って別の仕事についてましたが、再度、
当社に再雇用のお願いに来られて現在に至ってます。

仕事に取り組む姿勢は、真面目で一所懸命な姿に感動です。

Aさんに「彩花はどうですか?」と尋ねると

・皆んないい人ばかりで働きやすい。

・人の悪口など誰も言わない

・敬語を使いきちんと話してくれる


など気持ちよく働いていただいてるのが良くわかります。

経営者がモットーとしている環境を作ってくれてるスタッフの
皆さんに感謝します。

これからも働きやすい職場環境を作り、皆んなが楽しく仕事ができる
会社にして行きたいと思います。


Aさんこれからも頑張って下さい、そして、よろしくお願いします。


「長老の序」という言葉を知っているだろうか。

若い者が年長を敬い、大切にする、という意味がある。

最近の若者は誰に対してもタメ口をきくとか、年長者を尊敬しないと
言われるが、年上の人を大切にする気持ちはまだまだ残っているものだ。

だから若い人が年長者にえらそうな態度をとると、周囲まで不快な
気持ちになる。

たかが数年、社歴が長いからといって、年長者の後輩よりもキミが
えらいわけではない。

丁寧な言葉づかいで礼儀正しく接するように心がけよう。

080212_2239~01

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

20%の時間が大切

2008-02-11-Mon-14:40
イタリアの経済学者、社会学者のビルフレート・パレ-トが
「パレ-トの法則」と呼ばれるものを提唱した。

それは、ある特定のグループの中で、少数の重要な項目が結果の大半を
もたらしているというのだ。

例えばある村では、富の80%が、20%の人々によって占められていた。

このように少数の重要な項目が、結果の大半を決めるというのである。

仕事の分野でも、次のように応用してパレ-トの法則を考えることが出来る。

「20%のお客様が、売上や利益の80%をもたらす」

「20%のミスが、不合格品の80%を占める」など。

このため、パレ-トの法則は「80:20の法則」とも呼ばれる。

この法則を時間の使い方にあてはめて考えてみると、時間の使い方次第では
20%の時間で、全体の成果の80%が達成できる
ということになる。

つまり、日常の仕事でも、優先順位の高い順に進めるべきであるということを
意味している。

★自社の掃除に当てはめてみます。

汚れた物件に入ったとき、どこから手をつけたらいいか悩んだら、
早く終わる箇所からやってみましょう。




■本日は建国記念日

「建国をしのび、国を愛する心を養う」日とされています。

昔は紀元節と言ってました。

どの国でも、その国の始まりを記念する日があります。

例えばアメリカ合衆国では7月4日の独立記念日が
ナショナルホリデーとされています。

インドネシアでは8月17日を独立記念日として、
中華人民共和国は10月1日を国慶節として祝っています。

その国の建国を祝い、幾多の苦難を乗り越えて建国という業を成し遂げた
先人の理想や精神を確認
することで、国民の団結心を高めているのです。

※本日は2時間30分歩きました芥屋から立石山を超えて、福の浦へ、
前に浮かぶ姫島の写真を撮る・・・。

390027.jpg


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

不満を言わない

2008-02-10-Sun-14:31
最近、それぞれの従業員に責任感が芽生えて来ました。

自分達で計画を立てて考えてやろうと言う気持ちを感じます。

このように自分の仕事と思えるようになれば仕事が楽しくなるのです。

又、その動きや行動を見れば、お客様は この担当者は任せられる
信頼を得られます。

ひいてはそれが信用に繋がり自分の関係が広がっていくのです。
080211_1535~01



■会社では、あなたは仕事を選べない。

社長が会社全体の立場から、あなたに仕事を与えるのが、
会社というものである。

だから、仕事に「好き嫌い」を言うことができない。

また、「できません」と言うこともできない。

与えられたら
どんな仕事であろうと不平不満を言わずに
全力で成し遂げなければならい。

それが会社で働くことの厳しさである。

また、会社は多くの人間から成り立っている組織である。

そこでは、常にいいコミュニケーションが求めらている。

仕事ができるだけではなく、コミュニケーション上手になることが必要である。

周囲の人とコミュニケーションをとりながら、
どんな仕事にも全力で挑戦することが、
自分の使命なのである。


それを積み重ねていくことが、よりよい待遇とチャンスをつかむ道なのである。

会社組織のなかで仕事をすることの厳しさと、そこに立ち向かう自分自身の
厳しさのあり方
を、是非とも身につけることが大事。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

集金にS喫茶店を訪問しました。

2008-02-09-Sat-14:28
集金にS喫茶店を訪問しました。

カウンターに座りコーヒーを注文すると、そのスタッフの女の子が、
先月のお掃除の件で目を丸くして話してくれました・・。

内容は、道路側の花壇の花を踏みつけてあったとのことでした。

「実は前回もあって言わなかったが今回はひどかったので」とのことでした。

「彩花さんはお掃除の後、花をいつも持って来てくれるから花の気持ちが
わかっていると思ってました」


と心が寂しくなるお言葉を頂きました。

お客様がいつも水をやっている姿と自社のスタッフがお花を踏んでいる姿を
イメージする……?
0210.jpg


経営者がいつも、花やお客様の情報を書いている彩花新聞を届ける姿勢と
従業員の態度の違いにガッカリです。

又、お客様から、今回の清掃は
「いつもと違う感じがした。普通は、さすがプロと思ってました」

と、これでこのスタッフの行動が見えて来ました。

今回、自分の訪問が遅くなり、ただ謝るしか出来ませんでした。

今回の件で会社の仕事に対する姿勢と、スタッフの心のあり方が
共有してないと思いました。

この事を肝に銘じて経営指針書の見直しを計りたいとつくづく感じました。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

昨日より今日、今日より明日・・

2008-02-08-Fri-14:15
ポップクリエーションの社長からお電話を頂き訪問しました。

今回、事務所を移転したので定期的にお掃除を依頼したいからとのことで
訪ねて行きました。

この会社は医療関係にシステムプログラムを作るコンサルタント的な会社です。

病院・クリニックの開業の際、先生に色々な面で相談に乗りそれにあった
業者を紹介してます・・・。

8年位前にあるクリニックに飛び込み営業に行った際、知り合いになり
それ以来のお付き合いです

今まで、何軒もの病院・クリニックのご紹介を頂きお付き合いさせて
いただいてます。

お会いした当時は創業されたばかりで奥さんとスタッフは数人でしたが、
今日事務所に行ってビックリしました

20名以上の若いスタッフがおられ、その真ん中に社長の机がありました、
とてもキレイな事務所です

この事務所を3か月に1回定期的に掃除をしたいとのことで4月から入る
ことになりました。

この様な新しい芽が生まれて仕事が広がっていくのだと感じます。

自分として心がけていることは、
「昨日より今日、今日より明日・・」
この生き方が人生を作っているような気がします。

これからも出会いを大事に前に進んで行きたいと思いました・・・。
0208.jpg

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

人としての手順…

2008-02-07-Thu-14:18
店舗改装で入っている「なんでやねん」というお好み焼きの店があります。

今回、お店を改装される工事に入り内装業者に依頼されてるのですが、
美装の依頼は社長から直接自社にありました。

このようなお付き合いを頂くきっかけは、以前、内装業者の依頼で美装に
入った時からです・・・。

その時、たった1枚の名刺を渡していた事からの始まりなのです。

今では、その店を合わせて3店舗と自宅のお掃除などの仕事をさせて頂いてます。

何故このようなお付き合いにたどりつくかと自問自答してみる……

それにはお客様に与えることを頭において仕事をして行く事が大事と感じます。

そして、人としての手順があるのです。


■お客様に与えるポイントの1つは
「相手に好感を持ってもらう」ことです。

そのためにはネガティブ(否定的)な言葉はづかいから、ポジティブ(肯定的)言葉へ
転換することが必要。

「こうすれば大丈夫です」は相手にポジティブな感じを与える代表的な言い方です。

ポジティブな言葉は相手の気持ちも明るくする。

「この人の言うことを聞いてみよう」という気持ちを起こされるのです。

反対にネガティブな言い方をされると、聞き手はいやになってくる。

「できない言い訳ばっかりしている」と感じられるからです。

もし、あなたが普段から「それはできません」「無理です」など言っているとします。

そのことがネガティブなものの言い方のクセになっているのです。

その時に「こうすれば大丈夫です」や「こうすればできます」というフレーズに変えたら
とくに効果があります。

「相手の立場でポジティブに話す」という原則を守れば、
相手はあなたを見る目がひと目で何かに気づくと思います。

390013.jpg

※仕事の帰り道に、幣浜から芥屋の海岸線の写真・・・
玄海灘の荒波に(人生の強い生きざま)を感じた・・・。

謙虚な気持ちを

2008-02-06-Wed-14:04
仕事には教えてもらう面もあるが、基本的にはあなたが自分でできるように
つかみ取っていくものである。


教えてもらえるのは最初のうちだけ

そう覚悟することだ。

仕事をつかみとっていくということは、自分から積極的に学んでいく
ということである。

もちろん、机に向かうだけが勉強ではない。

生きた人間、社長や先輩、お客様、取引先など、あなたが接するすべての
人から学ぶことはたくさんある。

小さなことでも、学ぶことを怠ってはいけない。

たとえば、従業員のあいさつが明るくて気持ちいいと感じたら、普段の自分の
あいさつを振り返ってみる。

お客様からのクレームがあれば、それを仕事の改善に結びつける。

このようにあなたの心構えしだいで、接する人から何かを吸収できるのです。

それがつまり、「我以外みな師」ということである。

謙虚な気持ちですべての人に接していれば、あなたは仕事の面でも、
人間的にも、必ず豊かな魅力ある人になれる。

080208_0725~0001


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

既成にこだわらない

2008-02-05-Tue-15:46
今、作業に入っているSマンションですが、なかなか工程が
予定通りに行かず困っています。

外壁清掃が終わり部屋内の清掃に入るのですが、部屋の内装が
完全に終わってなく、掃除をしても又、作業に入られ汚されるのでは
ないかと思案しています。

建物が大きい上、引き渡し日が迫っているので、作業が終わるかと心配です。

この事態に対してある小雑誌に良いことが書いてありました。


■重要な仕事、大きな仕事、またイヤな仕事ほど、仕事に取り掛かるのが
遅れがちである。

人間の心理として「大変だな」という思いがあるので、緊張するし、
慎重にもなるからである。

しかし、いつまでも取りかからないと、それは準備不足で大変なことになってしまう。

大きな仕事の場合にこそ、すぐに取りかかることが必要なのだ。
では、どうすればよいかというと、
「とりあえずできるところから手をつける」のである。

これは「とりあえず分解」と呼んでいる。

サラミソーセージは大きなままでは食べにくい。

だが、薄くスライスすれば、食べやすい。

それと同じように、大きな仕事も薄くスライスすればよいのである。

その場合、とりあえずできるところから、スライスしてしまうのが、
早く仕事を進めるコツである。

とりあえずできる所、といっても、やはり仕事に順序が必要だと
感じる人も多い。

だが、既成の順序にこだわらないほうが、仕事は早く進む。
0130.jpg


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

愛読者から・・

2008-02-04-Mon-15:42
先日、彩花通信で「笑顔と挨拶の大事さ」の内容に対して、ある愛読者から
投稿頂きましたので紹介します。

いつも読んで頂いている事に感謝します・・・。

今朝の新聞の投書欄に或る男子中学生の体験談が掲載されていました。


■過去の自分は挨拶もろくにできなくて、人と目を合わすとそらしていました。

中学生になって部活動を始め、顧問の先生から

「朝起きた時、就寝前に必ず家族に挨拶をし、近所で顔を合わせる人には
こちらから進んで声をかけるようにしなさい・・・・」
と。

恥ずかしながらも実行していると、今度は色んな人から声をかけてもらえ、
学校帰りには「お帰り~」と言ってもらえるのが凄く嬉しくて、
挨拶の効果を肌で感じた
そうです。

たかが挨拶、されど挨拶! 
        
という内容でした。

なんでも声かけと積み重ねが大切ですね…このような声をたくさん
聞きたいです。

これからも彩花通信をよろしくお願いします!
080203_2135~01


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

迷子の経営

2008-02-03-Sun-15:37
文字色2/2(土)~2/3(日)で中小企業同友会の第9期役員研修会に行ってきました。
2日間びっしり学び、他の支部の方達の出会いがあり大変勉強になりました。

特に「経営指針の確立と企業づくり」の報告で林田委員長の話には感動しました。

経営指針がいかに大事か、今まで、迷子の経営をしていたのではないかと
気づかせていただきました。

早速、4月までに彩花の新しい経営指針書を作りあげます。

迷子の3つの条件

①行き先がわからない(目的)

②今どこにいるかわからない(現在地)

③どうやって行けばいいのかわからない(方法)


■多くの会社には、経営理念企業理念と呼ばれるものがあり、
社員ならそれを熟知していて当然とのこと。

しかし、「では、何のためにその経営理念はあるのか」と聞かれると、
社員はみな答えは窮する。

なぜなら、社員は、普通
「経営理念なんて、しょせんは建前、自分たちには関係ない」と思っているからである。

経営理念とは、「会社活動のバックボーンなる普遍的かつ高邁なる志」
を意味することを知っていなければならない。


つまり、経営理念とは、「会社の考え方集大成」なのである。

会社の人間観、事業観、社会観などが統一された1つの体系であり、
いわば「会社の憲法」と言うべきものだ。

経営理念が何のためにあるのか、それは会社存続の「軸足」となる
ためなのである。

0203.jpg


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

http://picasaweb.google.com/oshiguchi/20080203

ヘレンケラーを知っていますか

2008-02-02-Sat-15:30
中小企業同友会からの経路で
「ヘレンケラーを知っていますか」
という映画の券を頂き早良市民センターに行ってきました。

ヘレンケラーは知っていましたが、遠い人のように思っていました。

しかし、この映画の主人公の方が実在され今も、お一人で生活されてある
現実にショックを受けました。

映画はこのお婆さん78歳と中学生の男の子の心のふれあいを
描いています。

雑木林の中に一人でヘルパーの協力を得ながらも自立して
生活している絹子の家に、リストカットを繰り返し、若い人生に
終止符を打とうとしている祐介15歳がやってくる。

盲聾者ではあるが一人で何でもこなす絹子の生活ぶりや、
前向きに生きる魂にふれ、祐介は自分を見つめ直し始める。


この映画を見て涙しない人はいないと思います。

会場の中は、すすり泣く声やハンカチで目を押さえる人でいっぱいです。

現在の生活の中で忘れ去られた(特に若年層)心の温かさ、
温もりをよみがえらせる、素晴らしい作品と思います

この映画は、今の中学生、高校生そして大学生の皆さんに
ぜひ見てほしいと思いました。

人間はどう生きるべきか、しっかり考えさせられました。

このような体験・感動を頂き感謝でいっぱいです。

…ありがとうございました…

皆さんも機会がありましたらぜひ、ご覧下さい。
img-heren.jpg



■私と小鳥と鈴と

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のやうに、
地面(ぢべた)を速く走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから
私、みんなちがって、みんないい。

…童謡詩人;金子みすず

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

2008-02-02-Sat-11:49
「人の話に耳を傾ける」

Sマンションの最後の追い込みに入りました。

朝、今週の予定に目を通すと、長男が2日の連休を取ってます。

一番忙しいこの時期に、他の会社の方に応援まで頼んでいる状態なのに息子として
何も考えてないことに腹が立ちました。

又、休むことを自分に報告がなく知りませんでした。

それも、知らないのは自分だけなのです…

予定表には前から記入していたとのことですが、見ていない自分も悪いが報告がない
ことに寂しい思いがしました。

すぐ、本人に電話しました・・・「なんで言わなかった」というと「旅行は予約していて
言ったら怒られるので言えなかった」との返答です。

とにかく、自分の気持ちが納まらないのと、この時期に休む責任感のなさに、腹がたち、
とにかく旅行をやめるように言いました。

自分のこの性格を知っているから伝えることができなかったのでしょう。

とにかく、2日全休するのでなく明日昼から現場に入ることで話がつきました。

本人も悪いと思っていたみたいで、話を聞く受け入れ体制が自分にないのが悪いのです。

この件で相手の話に耳を傾けるようにならないといけないと反省しました。

彼は、休みの二日目は、旅行を途中で切り上げ、昼から現場に入ってくれました。

他の人が現場を引き上げた後も「みんなに悪いから」と言って遅くまでやってました。


■子供は親そのままである。

顔形から、身ぶりから、言葉の言いぶりから、癖に到るまで・・・・。

どんな上手な彫刻家も、これほどうまく似通った肖像を製作することは出来ない
・・・・・と思われるほどよく似ている。

ここまではだれでも知っている。

けれども、親子はまだまだ思いも及ばぬところまで、同じであることには気がつかぬ。

生れて間もない子供でも、母親が忙しい時には心が落ちつかず。

両親に心配事があるとよく眠らぬ。

大きくなるにつれて、両親がその年頃にした通りの事を繰り返す。

又今している事を行い、心に思っている事でさえ、そのまま親の身代りに実演する。



hiotonistame.gif

挨拶・笑顔の大事さ

2008-02-01-Fri-15:25
従業員の朝のスタートの雰囲気が暗いのです・・・。

こちらが朝一番に挨拶しても、返事は小さな声で本当の気持の
挨拶ではありません。

目はこちらを向いてないし、そのことをある社員に言うと
「自分は朝がにがてなのです」と言う。

確かに、夕方、事務所に帰って来たら明るくなっています。

又、朝礼の時は顔見ると「早く終わらないかな?」という雰囲気を感じます。

このことを解決しないと、スタッフ同士の雰囲気が暗くなりいい仕事が
出来ないと思います。

「朝の明るい挨拶から1日が始まる」ことを自分が先頭に立ち
実行して行こうと思います。

まず、朝、最初の挨拶を個人個人の前で「おはようございます」と言うのです。

そうすると、自分の目の前で言われているので知らないふりが出来ません。

そして、こちらを向いたら目と目を合わせて明るい笑顔で挨拶します。

目をそらしている時は「誰々さんこちらを向いて」といいます。

最近は、みんなの雰囲気が大分変わって来ました。

このように、挨拶が大事という事を毎日の行動の中で再認識しました。

この雰囲気は、上に立つ自分に問題があったのではないかと反省です…

楽しい会社の雰囲気作りをしていたら、仕事は必ずうまく行くと思いますので
これからもみんなが笑顔で挨拶できる会社作りに頑張って行きます。

※「朝日」を見てスタート今日の笑顔が芽生えます・・・。

080203_0733~0001


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。