FC2ブログ

喜びの種まき

お客様とのふれ合い活動 地域に密着した情報

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客さんに告白しよう

2014-03-25-Tue-12:43
egao9.jpg

ビジネスは、お客さんがいないと完結しない。

いくら自分が好きな仕事だって、
いくら価値がある仕事だって、お客さんがいないと成立しない。

だから、お客さんは大切なパートナー。

だから、お客さんを好きになろう。

そして、先に、「好きです」って言おう。

告白してしまおう。

すると、何人かに一人は、「私も好きだよ」って返してくれる。

それが、ファンが生まれた瞬間。

お客さんに「好きです」というのは恥ずかしい。

でも「ありがとうございます」なら言える。

「好きです」という言葉でなくてもいい。

大切なのは、相手に自分の「好き」という気持ちを伝えること。

「好きです」と言えないなら、精一杯の「ありがとう」を言ってみる。

お客さんを好きになって感謝する。

お客さんからも感謝してもらう。

そうやって幸せの連鎖を作れたら、
ファンを作ることはそんなに難しくないかもしれない。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

一歩前へ

2014-03-24-Mon-13:09
人間の体は前向きにできています。

顔は、前方から情報をキャッチし、
前に情報を発信しやすいようになっています。

手は、前のものをつかみ、前の作業をするのに適しています。

足も、前に進むのに最適です。

一方、思考は容易に後ろを振り返ることができます。

過去を反省することができ、感動もよみがえります。

悩みが深くなったり、後悔したりもします。

もしネガティブな思考が強くなった時には、
体の特徴を生かして、意識して一歩前に出る工夫をしてはいかがでしょう。

例えば、普段より30分早く起きてみる、
エレベーターを使わず階段を上ってみる。

マンネリになってる通勤・通学の道を変えてみる、
大きな声で挨拶する、などです。

そのことによって今までの行動に気づき、
新しいチャンスを作ることができます。

__isinomaki.jpg

※被災地、石巻、北上川の河口の写真です・・・
まだまだ、復興は・・・


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

全体の動きを教育

2014-03-23-Sun-13:13
sakura1.jpg

久しぶりに定期清掃の現場に入りました。

アルバイトのY君が日・際日、月に2日位、応援に来て貰ってますが、
本日、はじめて一緒に同じ現場に入りました。

アルバイトに来るようになり半年くらいになり、
だいぶ、慣れて動きもよくなってました。

しかし、一つの作業に対しては出来るのですが、
チームで動くときに、自分の仕事だけしかしてないので、
自分の仕事が終わったら、何もしないで立っているのです。

このことは、現場責任者が動きの対応を教えてない証拠です。

これでは、チームワーク良い仕事は望めません。

私が、本日ポリシャーを回しながら教えることで
1日で動きが身につきました。

普段の動きが、ばらばらの仕事をやっているのが良く分かりました。

これでは作業時間はかかるし、患者さんなどに対して
アイコンタクトする余裕も生まれませんし、
また、スタッフの楽しくキレイな仕事は望めなく成長するわけがありません。

ここでも、リーダーシップが必要で、重要な事が分かります。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

いと丸君

2014-03-21-Fri-16:45
__maruko.jpg

自社が創業依頼18年のお付き合いをさせて頂いている
糸島にスーパーマルコーがあります。

私が、この会社を始めた時、今の会長が社長の時代からのお付き合いです。

今では二代目が社長に就任されて、凄いことを始めてあります。

まさに、地域に喜ばれるお役だちの経営をされてます。

糸島は、全国的に緑があってキレイな海のイメージがあり
有名な地域になってますが、
その蔭には、過疎化が進んでいるのは確かです。

若い人は車通勤で、市内に出るので、
今までの第一産業であった、
農業や漁業の後継者が減ってしまっています。

そのために、今までの交通機関であった、Sバスの1日の件数が減り、
又、地域のお店もなくなってしまいました。

その為、お年寄りは毎日買い物ができず困っているのです。

そこに、現れたのが、「いと丸君」移動販売車です。

まだ、糸島地域全体に動いてはないようですが、
感謝の声が届いているようです。

まさに、このことが、地域のための経営ではないかと思います。

応援してます、頑張って下さい!!


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

リーダーの役目

2014-03-20-Thu-16:40
133[1]

作業に入った時、リ-ダーはどのように指示して、
楽しくキレイな仕事ができるか考えることが大事です。

現場で、リーダーの指示がなかったら
作業はバラバラになり仕事もまとまりません。

その結果、時間がかかり、
キレイな作業が出来ずスタッフの喜びに繋がらないのです。

これは、リーダーに責任があり、
それだけ指示に対する意味があるのです。

この指示がよかったら、
早くキレイな仕事ができ、スタッフが育ちます。

このことは、子供の教育や友達との人間関係に対しても
同じことが言えます。

このようにリーダーの役目は、重要なのです。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

お客さんは大切な友人

2014-03-19-Wed-13:07
1653-520x346.jpg

営業が嫌いだった。

でも、お客さんは大好きだった。

だから、売る側と買う側、どういう関係性がいいのか?分からなくなった。

お客様は神様で本当にいいんだろうか?

それとも自分が殿様になったほうがいいんだろうか?

ずいぶん悩んだ。

世の中の常識と自分の感覚は、ずいぶん違う。

だから、すごく迷った。

自分の感覚のほうを信じるのは、勇気がいる。

それでも、自分の感覚を信じて、
「お客さんは大切な親友」だと思って、仕事をしていたら、
なぜか、とつぜん、すべてがうまく流れ始めた。

営業も大好きになった。

大好きな人と、わざわざ戦う必要なんてない。

大好きな人を、神様にする必要なんてない。

お客さんは、仕事を通して、一緒に人生を生きている、
人生を共有している、大切な友達なんだ。

すべては親友に喜んでもらうため。

大切な親友のことを想うように、お客さんのことを真剣に想うから、
本当に価値ある仕事を作ることができ、自信を持って、
提案することができる。

そう考えて仕事をしてみると、どんどんやるべきこと、
やりたいことが、溢れてきます。

一緒に人生を生きている、人生を共有している、
大切な親友のことを想って、今日も必死に考え、動き続けます。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

仕事とは 喜ばれること

2014-03-18-Tue-13:04
__8.jpg

人は、自分のメンタルブロックを打ち破るごとに、
大きく成長していく。

メンタルブロックは、
自分では正しいと考えていること、思い込み。

人は、多くのメンタルブロックを抱えている。

だから、飛躍するためには、このメンタルブロックを、
一つ一つ取り外していけばいい。

成功するためには、
色々なことを足していかなきゃと考えている人が多いけど、
実は、大切なのは引き算のほう。

じゃまなものを取り除いてあげるだけで、人は、大きく変わる。

成長できる。

商売人にとって、最も引き算しないといけないのは、商売に対する考え方。

商売に対して持っているネガティブな感情。

それは、刷り込まれてしまったこと。

でも、それは正しくない。

仕事は人に喜ばれること。

幸せを運ぶこと。

経営は関わる人を幸せにする仕組み。

そういう正しいことを知ったら、仕事はめちゃめちゃ楽しくなる。



にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

お客様に合わせるだけの仕事では…

2014-03-17-Mon-15:41
先日、Mクリニックの女医さんから
業務用エアコンクリーニングの問い合わせがあり、
本日、約束して訪問しました。

かなり悩んであって、今すぐでもして貰いたいとのことで、
明日の予定でクリーニングを行う約束をして来ました。

ところが、帰ってる途中に女医さんから携帯に電話が入り、
ビルのオーナーが知人にお願いしようと思ってるらしいと連絡がありました。

そしたら、またお願いしますと対応してました。

すると、そのビルのオーナーから会社に電話が入り、
怒ってるようで「すぐ出て来るように」と、連絡が入りました。

何のことかと思い、訪問するとそのビルのオーナーではなく、
隣で鍼灸医院をしてある院長でした。

最初、Mクリニックを私が契約して、
その後、T君に担当になって貰ってました。

その後、鍼灸医院もお掃除をするようになりその際、
2件するから安く出来ないかと言われて、私に相談がありました。

値切っていたのは、この鍼灸医院の院長だったようで、
価格は安くしているから出来ないと言ってましたが、
決めきらず値引きのOKを出しました。

今回も、私が行ってMクリニックの女医さんと決めていたのが
気にくわなかったようです。

結果として、わが社の担当がきちんと説明をせず、
相手の言いなりになっていることから問題が発生したようです。

私が行ったら、こちらを見ていつもの担当と違うので
けげんな顔で私を見てました。

女医さんから電話を頂き、飛んで行って困っておられるのですぐ対応したこと。

そして、2件するからと言うので値引きを、仕方なくOKを出したこと・・・。

など、今までのいきさつをお話しすると
相手の表情が変わり、あゆみ寄って来られました。

最後に、会社の不備を誤ってどうにか話がまとまり契約に繋がりました。

このような対応をしているから、
サイクルは長くなり、解約になって行くのだと思いました。

まさに仕事を作るのでなく、
合わせるだけ(いいなりになる)の仕事をしているところに問題があるのです。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

コテガイ料理

2014-03-16-Sun-13:02
本日は、自分が住んでいる隣組の今年度1年の締めで、
決算報告の日です。

昼から1時間、組内の下水路の掃除や草取りをした後、
会食用の鶏をさばきます。

コテガイ料理、ご飯、お吸い物用に鳥肉を分けます。

他に、漁師の人はワカメを、
農家の人は野菜や漬物を持参して料理をします。

特に、「コテガイ」は、
廃鶏の鶏+ニンニク+唐辛子+醤油でおいしく味付けます。

この味は、なんともいえないおいしさです。

さばくのは男性の役目で、味つけは女性の役なのです。

みんなここで生まれて、育ってきた一族のようなもので、
久しぶりに地域の方と顔を合わせ昔話に花が咲きました。

8.jpg
※コテガイ料理の写真添付


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

凄くきれいなサンセット

2014-03-15-Sat-13:01
__7.jpg

今日は、土曜日で、春分の日も近く、
18時30分というのにまだ、少し明るいです。

西空の太陽が、海に沈みかけていました。

こんなキレイなサンセットは今年初めてです。

この頃、新年の挨拶「あけましておめでとうございます」
と言っていたのに、もう3月の半ばです。

年度末と消費税があがるのを前に、仕事が忙しい毎日を迎えています。

後、2週間みんなで力を合わせて最後の追い込み頑張りましょう。

太陽のように明るく前向きに、自分も輝きたいと思うサンセットでした。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

回り道もまたよし

2014-03-13-Thu-12:58
__aa.jpg

人が生きて行く上で、失敗や挫折はつきものです。

誰もが物事の成就を、目指して、励んでいます。

失敗は自分にとってマイナスであり、
できればしたくはないと思うものです。

しかし一方で、苦しみや悩みが、
人間を大きく育んでくれることも事実です。

「あの失敗が大きな勉強になった」
「あの頃の挫折があったからこそ、今の自分がある」

といった身近な人の体験は、誰でも耳にしたことはあるでしょう。

つまづくこともなく、遠回しをすることもない人生は、
それなりに素晴らしいものです。

しかし、たとえ失敗により回り道をしても、
〈自分にとっては成長の糧になり、肥やしになる〉と、
明るく積極的に捉えるからです。

起きてくることがマイナスに受け止めれば心は沈み、
プラスに捉えれば、明るさと活気を自ら招くことができるでしょう。

失敗を糧に、プラスの人生を構築していきたいものです。



にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

笑顔・挨拶・アイコンタクト=成長

2014-03-12-Wed-12:55
yjimage.jpg

お客様の対応に大事なポイントは

まず①笑顔②挨拶③アイコンタクト(気づき)から入り、
そして信用⇒信頼=責任が生まれる。

それは、自分に返ってきて喜びに変わる。

これをPDCAでまわしていくことで従業員は成長していくのです。

又、それには、ホスピタリティ(おもてなし・思いやり)の心が
大事になって来ます。

特に、今の時代は、このことを家庭や学校で習う場がなくなっています。

だから、会社で、このことを教えて行くことが大事ではないかと思います。

それは、従業員の成長は会社の成長になるからです。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

たらいの水の原理

2014-03-11-Tue-12:43
___20140401124757e7e.jpg

顧客志向について考えるとき、
たらいの水の原理を引用して話すと
非常に分かりやすく納得できます。

お客様・社会に喜んで頂く原理なのです。

「たらいの水の原理とは」もともとは二宮尊徳が説いていた教えで、
「経営の神様」松下幸之助氏がこの教えを参考にしていたそうです。

たらいに入った水を、自分の方にぐいっと自分の方に引き寄せようとして
自分の所に来たと思ったら、出前の縁にあたって、
すぐ縁伝いに自分から離れて行く。

逆にたらいの水を、相手側に送ると、
相手側の縁に当たった水が縁伝いに波に揺られ自分の方に集まる。

そして、相手側に送り続ければ、その波は止まらない。

これを、お客様に例えて、
時間がかかってもお客様に喜んで頂くことをやり続ければ、
必ず自分の所に返ってくる。

やはり与え好きにならないといけないということが分かります。

そして、善循環が生まれるとこれが、原点の理念だということです。



にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

紹介から紹介へ・・・

2014-03-10-Mon-12:41
watermark[1]

中小企業家同友会のメンバーでお客様でもある方から仕事の紹介を頂く。

甥子さんが建設会社をしていてその会社のエアコン清掃の紹介です。

この会社の奥さんは、紹介してくれた会社に10年勤め、
彩花のことをよく知ってありました。

彩花新聞をわたすと、叔父さんの会社で楽しみに読んでいたと
嬉しい話をお聞きしました・・・。

そして、エアコン清掃が終わった後、
「キレイにして頂きありがとうございました」とお礼の電話と、
紹介も2件頂き、これからも、彩花さんを紹介するからといってくれました。

このようにして人の繋がりは、広がっていくのだなと改めて思いました。

「繋ぐ・つなぐ」・・・ありがとうございます。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

任せっぱなしではいけない

2014-03-09-Sun-12:53
__daiyamonndo_201404011254497ff.jpg

定期的に入っていたT眼科ですが、
最近入ってこないので医院の奥さんに電話する。

「何か、担当が眼科の方に、ご迷惑をかけたのでないですか」
と問いかけると「とんでもないですよ、
担当kさんにはとてもよくして頂いてます。

自宅のハウスクリーニングも昨年の年末の忙しい中、
無理にお願いをしたのに素早く対応して頂き感謝しています。

偶々、院長が時間を作れないのだと思います。」と言われました。

それを聞いて安心しました。

しかし、掃除に対しての意識が薄れているのは間違いありません。

「近日中に、院長を訪ねて訪問します」と言うと、
奥さんから「わざわざすみません」と言われました。

担当者に任せっぱなしでなく、
時々、訪問しないといけないと改めて思いました。



にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

松植え・・・考えられない

2014-03-08-Sat-12:49
__matu.jpg

津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市では、
日本百景に選ばれた名勝「高田 松原」も無残に削り取られました。

その残った一本の松は凄い!!

そんな、被害にあった訳ではないのに、
玄海国定公園の芥屋の松は「松食い虫」にやられて
5年間で枯れてしまいました。

5年前3町合併になり糸島市になりました。

志摩町のときは、松を守るために空中散布(消毒)をしていたので、
松の緑と砂浜の白が調和してキレイな海岸線でした。

ところが、糸島市になり政策が変わり消毒がストップになりました。

訳は、新住民の消毒反対の声があったようです。

その結果、5年で枯れてしまいました。

まさか、こんなに早く枯れてしまうとは市も思っていなかったのでしょう。

その枯れてしまった跡に、今、新しく松を植える作業が始まりました。

お金はかかるし、前のように大きくなるには最低50年はかかります。

昔から住んでいる住民をバカにしています。

こんなことがあっていいのだろうかと腹が立って仕方ありません。

昔の景観を返してください…


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

大失敗

2014-03-07-Fri-12:37
kgi.jpg

鍵預かりで仕事をさせて頂いてるお客様があります。

だいたい、返却には私が行っていますが
本日、2箇所のお客様に返す予定で二個の鍵を持ってました。

そのうちの1件、スーパーの鍵がないのです。

車の中、事務所や行ったところなど至るところを探しても見当たりません。

本日中に、鍵を返さないといけないのですが見つからないのです。

そして、あくる日、店長から、
セコムに警察から電話があり見つかったと連絡が入りました。

この鍵には、セコムがついていてどこの鍵かがわかり
スーパーに連絡が入ったようです。

すぐ、早良警察署の落とし物科に取りに行き、
スーパーに謝り、返却してきました。

この鍵はどこに落ちていたか?
自社の事務所の近くに落ちていたとのことです。

多分、借りている駐車場ではないかと思いますが
探してもその時はなかったので…。

こんな大事なことを…我ながら慌て者で・・・・
従業員に指示している自分が恥ずかしく反省する出来事でした。




にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

ホスピタリティがお客様の信頼を呼ぶ

2014-03-06-Thu-12:51
heart0708.jpg

ホスピタリテイをもってお客様に接することにより、

・顧客満足度が上がる。

・カスタマー、ロイヤルティが上がる

・リピート率が上がる。

例えば、あなたが、お客様にホスピタりティをもって接し、
好印象、あるいは感動を与えることができると、
お客様は、当然、あなたに感謝し、
「この人は信頼できるな」という気持ちを抱きます。

同時に、お客様は、あなたに対しても、信頼感をもちます。

例えば、

「教育が行き届いている会社だな」

「この会社はサービスがいいな」

という言葉をよく耳にします。

それが、逆に、あなた個人がお客様に不快な思いをさせた場合には、

「なんだ、この会社は、まるでしつけが行き届いていないじゃないか」

「サービスの悪い会社だな」

と会社への不満となって表れます。

だから、会社にとって人材教育が大事なのです。

※ホスピタリティの意味・・・「思いやり」「おもてなし」

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

掃除の神様

2014-03-05-Wed-12:51
images_20140324125256792.jpg

アメリカのディズニーは、
当初、外部の清掃会社に依託してたものの、
ウォルトの理念を実現することができなかったといいます。

ウォルトの理想とは、常にパークが綺麗でなければならず、
「何回もそうじしたか」でなく、
常に一定の基準を維持していなければならないのです。

そのようなそうじは、一般の清掃会社では叶えることができず、
とうとうそうじは直営に切り替えたとか。

そして妥協が嫌いで完璧主義のウォルトは、
真のプロフェッショナルを必要とした。

そのウォルトのお眼鏡にかなったのが、チャック・ボヤージンという人物。

チャック氏は見事にウォルトの理想をカストーディアル(掃除員)で、
次第に『そうじの神様』と呼ばれるほどになったそうです。

まさに、完璧な仕事をこなす人。

我社、彩花も、下請けに出したら、
本当のサービスの仕事はできないという考えがありました。

しかし、このように妥協しないで掃除をしていたかというと
そうではなかったです。

『そうじの神様』と呼ばれる掃除をしていかないといけないと
この本を読んで改めて思いました。



にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

商いの原則

2014-03-04-Tue-12:50
images79GIUEEO.jpg

梅の花も咲きほころび日に日に春の訪れを感じるころとなりました。

我社の仕事のポイントとして、お掃除に入る前、
終った後の電話、訪問を欠かさないようにしています。

このことを通じて、信用から信頼に変わって行くのが分かります。

また、スタッフの成長にも、繋がっているようです。

まさに昔の商いでいう『御用聞き』ではないかと思っています。

『商いの原則』を忘れないように、デジタルとアナログを取り入れ・・・

これからの時代の変化に対応した経営をして、
お客様に喜んで頂ける仕事を目指していきます。



にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

ある店のオーナーから学ぶ新しいお掃除

2014-03-03-Mon-12:47
__manma2.jpg

普通一般には、喫茶店や飲食関係の仕事は汚れたら
お掃除を依頼するパターンなのですが。

今回紹介する食事の店Mは、毎週、1時間の作業に入ってます。

片付けというから、家庭に入ると思っていましたが、
この店は去年12月にオープンして、オーナーさんから、
店に毎週入ってくれとのことでした。

オープンして3ヶ月すぎたのですが、店内がピカピカなのです。

一番厄介なレンジフードのステンレスも油一つなく鏡のように光ってます。

オーナーさんが、依頼した意味がよく分かります。

特に、飲食関係は毎週していたら、
キレイな環境を保たれるからこんな業務用の掃除の提案も
いい分野かも知れません。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

チームワークの仕事が大事

2014-03-02-Sun-12:44
__sitorenn.jpg

我社のお客様でフランス車のディーラー店があります。

最初は、3ヶ月の定期で入ることになっていたのですが、
最近、年2回のペースになっています。

本日、清掃日なので、どうかして、最初のサイクルに戻したいと思い、
ベストメンバー5名を作業にいれました。

今回は新たにショールームのイス清掃20脚も入っていたのですが、
作業時間も早く終わり、後日確認に行ったらバッチリで
所長も何も言われなかったそうです。

今回の掃除を通じて思ったことは、チームワークの大事さです。

帰って来たスタッフの日報にも、
楽しい良い仕事が出来たと書かれてまし。

仕事はここに意味がありそうです。

この仕事を、きっかけにサイクルが元に戻ることを期待します!!


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ

運命のパスポート

2014-03-01-Sat-14:39
28年前の冬の日のことです。

寒風吹きすさぶ浦安の東京ディズニ―ランド建設現場にあった
開設事務所。

ディズニーの一員になったばかりの私は、
少しずつ空気が漏れて行く浮き輪のような心もとなさを抱えながら、
立ち尽くしていました。

「あこがれ続けた、あのディズニーで仕事ができる・・・」

5回の挑戦でやっと採用された。

その喜びが「夜の清掃部隊(ナイトカストーディアル)」への配属
という現実の前に萎んでいくのを感じていたのです。

それは、一緒に配属になった仲間たちも同じでした。
私達に渡されたのは歓声に包まれた昼間の華やかな夢の世界への
パスポートではなく、ゲストはもちろんミッキーもミニーもいない
沈黙の世界へのパスポート。

静まり返った深夜のパークを黙々と掃除して回る。

そう考えると、どうしても心から喜べない、
清掃という仕事への抵抗感があったのです。

加えて、それまでの私のキャリアは
清掃の世界とまったく縁がない、ど素人。

仲間の中には、昼夜逆転の生活への不安を感じる人もいました。。

これは、何かを試されているのだろうか・・・・・。
誰もが消化しきれない気持ちで、とまどっていました。

そこに表れたのが、本家アメリカのディズニーからやってきた
初老の『そうじの神様』でした。

数日後、彼は、私たちを仮設の事務所のトイレに集合させました。

遠巻きに彼を見つめる私たち。

なにしろ、その場は、誰もが足早に通り過ぎたくなるほど
泥や汚れにまみれたトイレだったのです。

彼は、ゴム手袋をはめると、
その魔境ともいえるトイレに向かっていきました。

誰もが後ずさりして、顔を見合わせます。

と、次ぎの瞬間、彼はまるで我が子を抱きしめるかのように
便器を勢いよく磨き始めたのです。

聞こえてくるのは、彼の息づかいとタワシがリズミカルに擦れあう音。

長い年月かけて生成された岩石のように、
頑なに汚れがこびついた床の側溝、変色した便器の縁。

それが、彼の手によって、
命を与えられたかのように輝きを取り戻していきます。

「これは、なんだ!?」と、私は思いました。

自分が見ているのは、今まで思っていたようなそうじとは違う。

なにか、別の次元のものを見ているようでした。

彼のそうじに目が釘付けになり、
彼と同じように自分も手を動かしたくて仕方ない。

そんな気持ちにさせられたのです。

仲間の社員も、気付けば身を乗り出さんばかりになっていました。

そして、すっかり、すべてのトイレがまばゆい、
輝きを取り戻したとき、彼は私たちに振り向き、
初めてにっこりと微笑みました。

その笑顔の向こう側で、
あのディズニーも一緒に微笑んでいるように見えました。

そのとき感じた、なんともいえない爽快な気持ち。

彼の清掃は、トイレの汚れだけでなく、私たちが持っていた、
掃除という仕事の抵抗感や劣等感のようなものまで
洗い流してくれたのです。

沈み込んでいた私たちのもとに、ファンタジーとも思える
そうじを見せてくれた人物の名は、チャック・ボヤージン。

彼こそ、あのウォルトがこよいなく信頼を寄せ、
ディズニーの世界『そうじの神様』と称された人物でした。

そのときは、彼が私の師となり、私の人生に大きな影響を与える、
かけがえのない存在になるとは思ってもみません。

しかし、私は、またしてもその瞬間から、
彼によってディズニーの新たな魔法のとりこになってしまったのです。

そして、一生消えないような魔法に。

dezuni-gaosietekureta.jpg

※本の名は
『ディズニーそうじの神様が教えれくれたこと』著者は鎌田洋氏です。
凄く感動したので、本のはじめの部分を掲載しました・・・





にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。