喜びの種まき

お客様とのふれ合い活動 地域に密着した情報

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災のあとの復興はまだまだ・・・

2014-04-07-Mon-16:38

あの3.11地震から3年が過ぎました。

今回、38名のメンバー(同友会福岡地区から7名)で
宮城県の気仙沼・南三陸・石巻の被災地を視察研修に行きました。

そして、宮城県同友会メンバーの方には、
体験報告や現地案内など色々お世話になりありがとうございました。

現地(石巻)を見て、瓦礫は片付いて、
復興してきていると思いましたが、
それなのに仮設住宅になんで住んでいるのかと疑問でした。

今まで、住んでいた被災地はキレイになっても、
そこに家が建てられないのです。

それならば、高台に建てればいいのですが、
その場所は整理が遅れています。

そして、抽選で、復興住宅を手にするのですが・・・。

当たる人や当たらない人など、差が出たり、
当たっても商店街に近いいい場所だったり、
不便な場所等、人との関係に妬みが出て来ているとのことです。

それは、 この抽選に問題があるようです。

被害を受けたときは同じ境遇から助け合いの「絆」で
結ばれていたのですが、復旧してくると次第に、
このような格差が出て、妬みが生まれて来ているとのことです。

3年という月日が、何か人の心を壊しつつあるようです。


実際に、現地に行き、現状をしみじみ体験して、
自分が普通に生活できる事に感謝しなければと思う視察研修でした。


__ookawa.jpg
ishinomaki.jpg
※写真は大川小学校と防災センターです。

大川小学校は84名の子供が、亡くなりました。


まさか、北上川の河口から5キロ離れていて、これまでも、
津波の被害を受けたことがなく、それが想定外の津波は川を上って来て、
そのスピードと勢いに、この被害人数になったようです。
生徒の70%が亡くなったとのこと
(校舎には、子供たちの魂がまだ残っているようです)


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。